I was only joking訳したりとか

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
LAヴァイス(インヒアレント・ヴァイス)について 22:45
ポール・トーマス・アンダーソン監督のトマス・ピンチョン『インヒアレント・ヴァイス』が先月から公開されたが、今回はその原作『LAヴァイス』について軽く言及。(映画も見たが、あの映画を語るには一度の鑑賞では足りないと感じた)


 
 「彼女は細い路地を抜け、階段からのぼってきた」
   「寄せては返す波の音が坂の下から聞こえてくる」

 
 小説の冒頭部から二つの文章を引いてみたが、ここからわかることは、この小説内でなにかが起こるときにそれは上下運動を伴って現れる、ということだ。ロスのヒッピー風私立探偵ラリー・’ドック’・スポッテッロの家に突然元カノであるシャスタが現れるところから、この小説ははじまる。すべての事件が開始する合図は、シャスタが階段を「上る」ことにあり、それに対して坂の「下から」世界が呼応する。その後で、シャスタは失踪した愛人であり不動産王ミッキー・ウルフマンの捜索を元カレドックに依頼する。
 たとえば205ページ。ボリス・スパイビー(ミッキー・ウルフマンのボディガード)がビリヤードで真上から打ち下ろすように球を回転させるショットを披露する。この後にボリスは失踪する(ちなみにボリス・スパイビーという名前はThe Whoの『Boris The Spider』という曲名に由来すると思われる)。
 または82ページ、ドックが車でウルフマン邸へと向かう場面。通りの壁には「見慣れないツタの花が満開で、まるで炎の色をした滝が壁から流れ落ちているようだ。」喧噪とドタバタにまみれたウルフマン邸シーンをツタの滝が予告している。
 挙げたらキリがない。ドックの元秘書ソルティレージュが語る失われた大陸レムリアの再浮上(140ページ)、ラスベガスのさびれたカジノ〈キスメット〉のシャンデリアからはクリスタルが回るルーレットの上へ落ち(322ページ)、不始末によるアパートの火事は上の部屋のウォーターベッドの水で消火される(403ページ)。ある登場人物の死因はトランポリンからの転落死だ。
 このように、この小説では上下運動の描写が頻繁に登場し、その度にドタバタが展開されていく。逆に、ドックが水平線を見つめるシーンは非常に穏やかなタッチで描写される。垂直は〈動〉、水平は〈静〉、それがLAヴァイスの世界のルールだ。なにより、この小説のエピグラフは「歩道の敷石の下はビーチ!」というパリ五月革命時の落書きなのだ。

 1970年のロサンゼルスという時代と土地。60年代後半の世界のうねりと熱狂を体現したようなLAの姿が、そこで示された新しい世界への希望が、少しずつ潰えていく。そんな荒廃へ向かう時代の空気を示す、という意図がこの小説には存在する。ウッドストックの一週間前にチャールズ・マンソンとその取り巻きは若きハリウッド女優を殺した。その恐怖がロスにどんな不自由さをもたらしたかは、『LAヴァイス』で執拗に言及される。
 同時にこの小説のなかにはインターネットの元となった「APPAネット」についての描写もある。時代の荒廃の中で立ち現れてくる新たな世界の風景がここからは見える。電子上の新たなサーフボード。結局不都合なものが見えた時点で、LSDのように政府や警察から取り上げられるものだとわかっていても。
 ドックは入り組んだアメリカンワールドに翻弄されながらも、一人のサックスプレーヤーの生活を救う。そして、不透明な霧に包まれながら新しいなにかを待つ。上下運動の描写は、世界の没落と勃興に共振している。『LAヴァイス』で示される絶望と希望は今と地続きであり、決してただの回顧録にはとどまらないのだ。


 補足として。247ページに自動車整備工場が登場するが、メインの工場は「カマボコ型のプレハブ建築を縦半分に切り、その二つの半キレが頭上高く交叉するように溶接され、まるで協会のアーチ天井のよう」になっている。車の修理工場は教会なのだ。この小説のメインキャラクターにはそれぞれ乗っている車があり、製作年とメーカーがすべて示されている。これほど、車とパーソナリティが密接に結びついてる小説もないだろう。筆者は車については疎く、その車がどういう特性を持っているかを知らないのが残念。いずれにせよ、車と音楽とハッパとサーフィンが当時の若者のすべてであったことの意味がこの小説を読めば見えてくる(Steely Danの『Babylon Sisters』はLAの若者が見ていた風景を見事に描写している。『LAヴァイス』と『Babylon Sisters』およびSteely Dan作品全般とのシンクロニシティはヤバい)。

| culture | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tachesong - -
スポンサーサイト 22:45
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tachesong.jugem.jp/trackback/69
<< NEW | TOP | OLD>>