I was only joking訳したりとか

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
(今さら☆)Iceage/New Brigade 23:27


 ライヴも見たことだし、Iceageのアルバムについて書きますン〜。ちょっとタイミング遅いですが。


「交わる平行線/後ろへ落ちて行きたくない/立ち向かうにはあまりにひどすぎ/空っぽの穴へ駆け下りない限り/
新しい旅団/決して消えない/増えてまた増えて/決して終わらない/
それは僕の中に/君の中に/僕と君の中に」-New Brigade


 昨年、Iceageは世に星の数ほどいるであろうハードコアバンドの中で頭ひとつ飛び出しました。
彼らのサウンドの特徴としてまず挙げられるのは耳につく、つんざくような鋭いギターの音です。
Minor ThreatやBlack flag,Dischargeなど、ハードコアの雛形を作ったバンドが分厚いディストーションギターを鳴らしていたのに対して、彼らはシングルコイル特有のジャギジャギ感を前面に出したギターを響かせます(ライヴを見たところ、ヴォーカルのギターがそうした特徴的な音を出していました。もうひとりのギターの音は、ぶっちゃけショボかった)。ジャギジャギすぎて音程が特定できないほどです。
さらにIan Curtisを彷彿とさせる、バリトンヴォイスを激しく放出するヴォーカルも特徴的です。


「僕は知っている/君に与えられたものすべてが消え去るのを/肌の下に花を感じるはずさ/それを怯えさせない限りは/
自分自身を保つ/この長く神聖な光の中で/
自分自身を保つ」-Remember


 しかし、彼らはMinor ThreatともJoy Divisionとも違うソングライティングのセンスを磨いたようです。1曲を通して一定の激しいリズムを貫く初期ハードコアや、ミニマリズムを活かすJoy Divisionに対して、Iceageはリズムを変化させていくことを念頭に置いたソングライティングを見せます。そのライティングは転がすようにタムを叩きつける3連譜のリズムから直線的な8ビートに変わるRememberを聴けば明らかです。ちなみに、リズムが変わる瞬間に明らかにテンポが寄れるのは御愛嬌というか、これを面白いと思うかが好き・嫌いのわかれどころかもしれませんね。
その他の曲でも8ビートや高速2ビートを基調としながら、ハイハットの裏打ちや3連のリズムなどの多彩なリズムを、スネアやオープンハイハットを抜いた静の部分を混ぜることで無理なく1曲の中に取り込みます。


「僕の力/手を広げて/だけど感情は崩れ/反応できない
崩壊を築く/波打つ大地に叩きつける/街を襲う/ゴミだけが残る
手を掲げて/煉瓦を積み上げる/だけど感情は崩れ/反応できない
耐え忍んでいる 」-Collapse


 ギターが音程を特定できないところが多いということを先ほど述べましたが、彼らはドレミの音階の外側までメロディを探しているように思えます。それは半音ずつ下がっていく「Broken bone」のコーラス部分のコード進行に対してポップな歌を載せるところにも明らか。その結果、「White rune」「Rotten heights」のような不穏な曲にも、「Remember」「You're blessed」のようなポップな印象の曲にも引っかかるフックが生じます。
音階の外にもメロディを探していくゆえに、彼らの曲はリズム楽器とメロディ楽器の区別が曖昧です。その点は砂原義徳の『Liminal』において、音ともメロディとも取れないノイズ音を効果的に用いていることや、Death gripsが昨年のフリーアルバムで、ヒップホップ的低音以上に高音の倍音にまみれたエフェクト音で曲を覆ったこととリンクします。同時代の他地域他ジャンルの音楽と比較できることは彼らの根の強さを物語っているようです。


「彼女の大地を越えて/僕らは留まる/肉の赤いかがやき/僕を縛りつけろ
/僕らは溺れる/骨の髄まで/
腐った高みを引きずり落とす」-Rotten Heights


 ヴォーカルに深くリヴァーヴがかけられているのも特徴のひとつです。この残響の遠さは、ハードコアの共同体的でマッチョな性質からの距離を思わせます。しかし、ただ孤独に沈む類のものでもないようです。それは「New Brigade」の歌詞のように、決して交わらない平行線が交わった瞬間、隔離されたはずの孤独がぶつかる聖なる瞬間のために鳴らされています。それゆえか、2月8日の来日ライヴでは、激しくモッシュする人々と、一人でじっくり見る人々がどちらも浮くことなく存在していました。最後の曲のあと、ヴォーカルの少年は目の前の観客の目を見ながら笑顔で強く握手していました。
孤独が解消するあり得ない瞬間を欲望するからか、彼らの音楽にはロマンスの香りすら漂います。Jesus and mary chainやThe libertinesのように、彼らの音楽は荒々しさの中にある種フェミニンともいえるロマンティシズムを宿しています。内面を外の風景のように描写する歌詞に目を向けてみてほしい。彼らは孤立や荒涼の暴力を外に配置することで、ある種の共有を呼び掛けているようです。それは大勢でわかつことのない、親密でもしかしたら不器用な交流です。
なんというか、まるでこっそり大事なことを耳打ちしようとしてドデカい声を出してしまった男の子みたいな存在?とりあえず、前に進みたい少年たちは耳元でデカい音を聞かされたことに半ギレしながら、Iceageに合わせて意識を躍らせればいいのです。


「君が僕をずっと捕まえておくことができるなら/僕は家にはいないよ決して/
恐怖と唾液の海に漂っているけど/弱く、傷つき、ふさぎこんだままではいない」-You're blessed


| 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tachesong - -
スポンサーサイト 23:27
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tachesong.jugem.jp/trackback/41
<< NEW | TOP | OLD>>