I was only joking訳したりとか

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
【Pitchfork】the Big Pink/Future This 15:26
  ピッチが低評価を与えているときにどんなことを言っているか気になったので、5.2点だったthe Big Pink『Future This』のアルバム評を訳してみました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 音速で、2009年にthe Big Pinkのデビュー作は届けられた。『A Brief History of Love』 の分厚いコーラス、ビッグなプロダクション、限界を超えたヴォリュームはラジオで炸裂するように作られていた。サウンドはブリッドポップと似ていなかったが、その用語がいずれにせよ用いられることとなった--the Big PinkはOasis,the Verve,それにMansunのような尊大にふるまうバンドの系譜に属しているように感じられたからだ。しかし、満を持して現れたこれらのバンドは力を持続できなかったし、Big Pinkの発起人Milo Cordellのルーツが,blog-houseとnu-raveがカルチャー的にピークだったころのMerok recordsにあることを考えると、このバンドは自らのポテンシャルの限界に気付かざるを得なかった。続いて届けられた『Future This』で、the Big Pinkは彼らの先人達と同じように、説得力に欠けた同じアイデアのリサイクルという罠にかかってしまった。

 アルバム最初の数分で魅力の減退が明らかになる。「Stay Gold」は以前のヒット曲「Dominos」と露骨に似ているが、歌詞は行きずりのフリーセックスから、夢にひたむきでいつづけることについての説教に変わっている。これは『Future This』全体を通じている一本の困った糸だ。the Big Pinkがかつて魅力的で女たらしの唯我独尊を発揮していたのに対し、ここではオーディエンスの繋がりを積極的に追及しようとすることで居心地の悪い貧困さが現れてしまっている。その結果が「Jump Music」のような、明確なメッセージを待たないくせに無様にもメッセージソングらしく振舞おうとする悪い意味でのキラートラック達である。

 the Big Pink はデビュー作との関連性を排除して、歌詞的に大きく異なったこの二つのレコードがまるで一つのコンセプトに基づいて作られたかのように見せることで、一つの神話体系を作り出そうとしている。また、彼らはthe Stone Rosesの「I Wanna Be Adored」を参照しているが、そのことが偉大なデビューのあとの対応を間違えて完膚なきまでに敗北した、かのバンドとの近似性をはっきりさせている。そして、そのあとの「Hit the Ground(Superman)」は「Stay Gold」と同じくらいイカサマくさい全くの駄曲で、ブレイクにLaurie Andersonの「O Superman」のサンプルを持ち込むことで、Max Martin風の尊大さとともに『Future This』の致命的な欠点を示している。外からのソース--あからさまなサンプル、プレハブのスローガン、さらには彼ら自身の音楽からの借用--に頼らなければ成り立たないという欠乏感を。以前は怖いもの知らずに音を鳴らしていたthe Big Pinkだが、サウンドを知的に合理化しようとしたことで『Future This』を臆病で栄養失調なものに
変えてしまっている。

 そんなすべての欠点にもかかわらず、優しげな「77」は驚くべき締めくくりである。中毒と喪失について触れながら、リードシンガーRobbie Furzeは歌う。「君はこんなにも大きな印象を僕に残した/デブリの上に残した/今僕は全てがめちゃくちゃ/時々君がいないことすら忘れてしまう」詩的とはお世辞にも言えないが、恋人に一人にしてほしいと語りかける現時点で最も無防備なこの曲がバンドの紛れもない心情だろう。これはthe Big Pinkが人間性を持つようになるための不器用なスタートだ、まだスタートでしかないが。 -Ian Cohen

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



原文はこちら

Sonically, the  Big Pink's 2009 debut delivered. A Brief History of Love's titanic choruses, huge production, and maxed-out volume were designed to explode on the radio. Though they didn't sound like Britpop, the term was applied anyway because the Big Pink seemed in the swaggering lineage of bands like Oasis, the Verve, and Mansun. But bands who emerge so fully formed sometimes lack staying power and, considering Big Pink co-founder Milo Cordell's roots running Merok Records during the cultural peak of blog-house and nu-rave, the band had to be aware of their potential limitations. The follow-up, Future This, finds the Big Pink as boxed in as their predecessors, recycling the same ideas with less conviction.

The drop-off is clear in the album's first few seconds: "Stay Gold" bears blatant similarity to their previous hit "Dominos" but shifts the lyrical focus from consequence-free sex to homilies about staying true to your dreams. It's a troubling thread that runs throughout Future This: where the Big Pink once mastered the role of magnetic, womanizing loners, here their tilt towards positivity and pursuit of a connection with their audience comes off as uncomfortably needy. This results in ill-defined salvos like "Jump Music" that awkwardly try to position themselves as message songs despite having no discernable message.

The Big Pink try to build a mythology by dropping references from their debut into new songs, as if the two lyrically divergent records were of a conceptual piece. They also toss in a reference to the Stone Roses' "I Wanna Be Adored", establishing kinship with another band that was ultimately sunk by not knowing how to follow up a huge debut. And later, "Hit the Ground (Superman)" is every bit as gimmicky as "Stay Gold", incorporating a sample of Laurie Anderson's "O Superman" into its halting, Max Martin-like strut and illustrating the fatal flaw of Future This: their need to siphon the power of outside sources-- obvious samples, prefab slogans, even their borrowings from their own music. Where the Big Pink previously sounded invincible, nearly every attempt to intellectualize or streamline their sound makes Future This come off as timid and malnourished.

All of which makes the tender "77" a surprising closer. Touching on addiction and loss, lead singer Robbie Furze sings, "You left such an impression on me/ Left on the debris/ Now I'm all fucked up/ And sometimes I forget I miss you." It isn't exactly poetry, but it does feel unmistakably personal for a band whose most vulnerable song to this point told a lover to leave them alone. It's an awkward start to humanizing the Big Pink, but a start nonetheless. -Ian Cohen

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



 今回の文は納得できるところが多かったですね。「Stay Gold」は最初聴いたときは「いいじゃん」と思ったんですけど歌詞見てから聴くと微妙な印象を抱いてしまいました。メロディが輝く瞬間はあるんですけどね。
また気が向いたら訳します。

| pitchfork 日本語訳 | comments(3) | trackbacks(0) | posted by tachesong - -
スポンサーサイト 15:26
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








なるほど…。結構辛辣ですね(笑)。新譜は聴いてないですが、Big Pinkはデビューアルバムが好きだっただけに、かなり気にはなっていました。シューゲイザー的だと思ったのですが、Oasisやローゼズの系譜と見られているんですね。逆に、僕が気に入ったのはそんな部分だったのかもしれませんが。
興味深かったですー。
posted by たびけん | 2012/02/12 9:05 PM |
たびけんさん!
僕もジザメリ・マイブラ比較が多いかとおもってたのですけど言われるとVerve、Oasisの流れはあるかもしれないですね。

たびけんブログの場所教えてくださいよ!
posted by しゅん | 2012/02/24 12:07 AM |
あれ…ご存じありませんでしたか…ってtwitter垢消しちゃったんで当然っすねw urlに書いておきました。
posted by たびけん | 2012/02/26 7:45 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tachesong.jugem.jp/trackback/40
<< NEW | TOP | OLD>>