I was only joking訳したりとか

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
【Pitchfork】Best Album 2011 No5.Girls/Father,son,holy ghost 16:08
 

05. Girls: Father, Son, Holy Ghost [True Panther]

タイトルが示すように、Girls2009年のデビュー作『Album』はシンプルさの勝利だった。ローラやローレン・マリーたちについて歌う曲での馴染みある50‘s ロックの引用から、同じリフレインを何度も何度も繰り返すことでシンガロングアンセムを創りだす「ヘイ・ジュード」トリックを盗んだ「Hellhole Ratrace」(http://pitchfork.com/tv/musicvideos/172-hellhole-ratrace/) まで。しかし、Girlsについての記事を一つでも読んだ人は誰でも、リーダーChirstopher Owensの人生がピザとワインのボトルに彩られたものなどではないことを知っていたし、Girlsのより暗いサブテクストが次のフルレングス作品で前面に現れるだろうと思っていた。

これはへヴィーなレコードだーそれは、ただ「Die」でGirlsが驚くべきことに「ブラックサバス筋肉」を駆使しようとしたからだけではない。最初のアルバムがChristopherの「痩せこけた身体」や「汚い髪の毛」についての自嘲気味な告白から始まったのに比べると、『FatherSonHoly Ghost』は恐れを知らない自信にあふれていて、『Album』での今にも壊れそうなスクラップ感を避け、Billy Prestonがキーボードを弾いていた時代のBeatlesや70年代初頭のPink Floydをクラシック・ロック・レディオ風に洗練させることによって(The Dark Side of the Moon のお手軽なコピーだとは思ってはいけない、「Vomit」のゴスペル風のクライマックスはThe Wizard of Oz の竜巻のシーンに間違いなく良くマッチしている)
、彼らのテーマー色褪せるロマンス、精神の空虚、家族との和解ーに自らのへヴィネスを込めて果敢にタックルしている。そして『Album』がもっとも魅力的な曲を前に寄せてしまっているのに対し、『Father,son,Holy Ghost』は後半の素晴らしい「Forgiveness」-
Owenの人生のもっとも困難な対話を覗いてしまったと思えるほどに生々しく荒廃した8分間にいたるまですべてが強力にビルドアップされている。Girlsはデビューアルバムのタイトルをこのアルバムにつけるべきだった。『Father,Son Holy Ghost』は大文字で「A」をつけた(つまりアルバムとしてたしかな魅力を備えた)「一枚のアルバム(A Album)」なのだ。--Stuart Berman


原文(http://pitchfork.com/features/staff-lists/8727-the-top-50-albums-of-2011/5/?utm_source=related

As its title indicated, Girls' 2009 debut, Album, was a triumph of simplicity, from its familiar 50s-rock references to all the songs about Lauras and Lauren Maries to the way "Hellhole Ratrace" copped the "Hey Jude" trick of repeating the same refrain over and over again to create an instant sing-along anthem. But anyone who's read a single article about Girls knows that leader Christopher Owens' life hasn't been all pizzas and bottles of wine, and this darker subtext came to the fore on the band's second full-length.

This is a heavy record-- and not just because Girls try to flex some surprising Black Sabbath muscle on "Die". For an album that begins with Owens' self-deprecatingly acknowledging his "bony body" and "dirty hair," Father, Son, Holy Ghost is brimming with confidence and fearlessness, as Girls tackle tough subject matters-- fading romance, spiritual emptiness, reconciling with family-- with the weightiness they deserve, by eschewing Album's ramshackle scrappiness for the classic-rock-radio sophistication of Billy Preston-era Beatles and early-70s Pink Floyd. (Should you not have a copy of The Dark Side of the Moon handy, the gospelized climax of "Vomit" would no doubt match up really well with the tornado scene in The Wizard of Oz.) And where Album frontloaded its most immediately engaging songs, everything on Father, Son, Holy Ghost feels like a steady build-up to the late-act stunner "Forgiveness", eight minutes of understated devastation that feels like we're eavesdropping in on the most difficult conversation of Owens' life. Girls were too quick to name their debut record-- even more so than its predecessor, Father, Son, Holy Ghost is a capital-A Album. --Stuart Berman

| pitchfork 日本語訳 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tachesong - -
スポンサーサイト 16:08
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tachesong.jugem.jp/trackback/39
<< NEW | TOP | OLD>>