I was only joking訳したりとか

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Leonard Cohen 『You Want It Darker』対訳まとめ 22:05

 

それにしても、レナード・コーエンの訃報には驚きました。

82歳と年齢も年齢なんだけど、妖しい生命力を放っている新作を出したばかりだったので。

ただ、歌詞を改めて読んでみるとボウイと同じように

死の準備のような作品だったことがわかります。

キリスト教的な神へのあまりに複雑な想いには幻惑されるばかりです。

 

以下、最新作の全訳を載せました。

(曲タイトルをクリックすると訳詞のページに飛びます)

 

1.You Want It Darker

神への呪詛と死への覚悟。一曲目ながらアルバム中最もダークな曲。

「I'm ready,my load」

 

2.Treaty

奇跡と悲惨が手を取って歩く。

 

3.On The Level

この曲も死の匂いが濃く漂う。3拍子のゴスペル。

「悪魔から踵を返した、天使からも」というが歌詞が胸に迫るよう。

 

4.Leaving The Table

「テーブルを離れて」というタイトルが示唆的。

 

5.If I Didn't Have Your Love

ポエジーに溢れる哀れな恋の歌。

 

6.Traveling Light

老いと死をこんなにロマンチックに歌える詩人はそういないんじゃないだろうか。

 

7.It Seemed The Better Way

少ない言葉から宗教的な物語が浮かび上がる。

ベースとレナードのバリトンボイスの重さが素晴らしい。

 

8.Steer Your way

「君の道を導く」というタイトルは反語的。

その道は救いか、地獄巡りか。

 

9.String Reprise/Treaty

Treatyのストリングスアレンジ。

こんな終わり方、カッコつけ過ぎではなかろうか。

「It's over now,wine and water」

 

僕がレナード・コーエンの詩にちょうど興味をもって詩集買ったりしたタイミングでした。

訳してみて、やはり素晴らしい詩を書く作家だなとしみじみ。

今後もヒマをみつけて過去作少しずつ訳していきたい。

 

| 歌詞対訳-L | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tachesong - -
スポンサーサイト 22:05
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tachesong.jugem.jp/trackback/106
<< NEW | TOP | OLD>>